音楽って素晴らしい♪

 音楽だけのことを綴っているわけではありませんが、音楽の素晴らしさが伝えられたらと始めました。大きく路線が変わることもしばしばですが、どうぞ宜しくお願いします。

2006年09月

『「節目」の作曲家、曲を特集』

 9月6日付けの地元紙の地域ニュース欄で、見つけたこんなタイトル。9日に開かれる、明石市での演奏会のことを紹介していますので、そのまま引用させて頂きます。

 『明石市にゆかりのある音楽家が参加する室内楽演奏家グループ「アンサンブル135」は9日、明石市東仲ノ町の市生涯学習センター9階ホールで、演奏会「ビバ!アニバーサリー・イヤー!」を開く。関西で唯一のフルート四重奏の常設音楽グループで、メンバーは「明石から音楽文化を発信したい」と意気込んでいる。

 同グループは大江浩志さん(フルート、明石出身)▽池添三輪子さん(ヴァイオリン、明石在住)▽杉山雄一さん(ビオラ、同)▽高橋乗子さん(チェロ、同)が中心メンバー。今回はゲストとしてピアニストの藤井快哉さん(三歳まで明石在住)が参加する。

 2000年ごろ、大江さんと高橋さんが、「明石出身の音楽家で演奏できたら」と話し、仲間を集めて03年3月に初めての演奏会を開いた。今回で5回目。

 演奏会では今年、節目を迎える作曲家や曲を特集。生誕二百五十周年のモーツァルト作曲「フルート四重奏曲ニ長調」▽没後九十年のレーガー作曲「セレナード長調」▽作曲から五十年のプーランク作曲「フルートとピアノのためのソナタ」▽没後百五十周年のシューマン作曲「ピアノ四重奏曲」-の4曲で、メンバーは「聴いて元気になる曲ばかり」と話している。

 午後6時開演。チケットは前売り2千円(当日2千5百円)。明石観光案内所(?078・911・2660)などで販売中。問い合わせは、同案内所か杉山さん(?078・911・1791)(川口洋光)』

 聴いて元気になれるなら、こおんな楽しい演奏会はなさそうな。土曜日だし、出かけない手はないかな?

『前向きな思い胸に』

 というタイトルを見つけたのは、8月31日付け地元紙の音楽欄。副題として、“往年の歌謡曲にも挑戦”とあったこと、高石市民音楽団に在籍していた頃に、苦労した曲の一つでもあった、「太陽にほえろ!」というタイトルを見つけて、本当に嬉しくなって、そのまま引用させていただきます。

 『「ザ・スパイダース」の元メンバーで、ドラマや映画音楽で知られる神戸市兵庫区出身のミュージシャン井上堯之(たかゆき)が今夏、アルバム「井上堯之の世界」をリリースした。硬派ロックギタリストのイメージが強いが、新作では「いつでも夢を」「見上げてごらん夜の星を」など歌謡曲の名作も収録。「こういう曲を自分が歌うとは、以前は想像もしなかった。僕も変わった」と穏やかに笑う。

 1941年生まれ。星陵高時代に楽器を始め、板前などを経てプロに。スパイダース解散後、沢田研二らと「PYG」を結成。その後の「井上堯之バンド」では、刑事ドラマ「太陽にほえろ!」の音楽を担当した。

 昨年公開の映画「カーテンコール」に、苦悩する在日コリアン役で出演したのが転機となった。劇中で歌ったのが「いつでも夢を」だ。

 「この映画で“人生は素晴らしい”と教えられた。前向きに考えられるようになり、きれいごとだと思っていた歌も理解できるようになった」

 アルバムには、自ら手掛けた近藤真彦のヒット曲「愚か者」や名曲「スタンド・バイ・ミー」、「悲しくてやりきれない」のカバーなど14曲を収めた。「自分にとって何の不足もない。自信のアルバム」と満足げ。

 バンドのCDではなく、ギター1本で挑んだソロ作品。「一人でやることには制約もあるが、自由もある。いろんな挑戦ができ楽しい」

 エレキの名手だが、今回はアコースティックギターでも熱演した。「エレキでは生の苦しみや悲しみを表現してきたが、新作では、喜びや美しい響きを意識した」     (堀井正純)』

 記事に添えられていた写真には、「もっともっとギターを弾きたい」と。私自身は、手が小さくギターが全く駄目なので、本当に羨ましい。先日、「こんぺいとう」で出合った素敵なギタリスト。ギターの音色は大好きなのに、弾けないのは本当に残念。一回りとちょっとしか違わないのに、元気な井上さんに元気を分けて頂いて、やはり、音楽って素晴らしい♪
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ